緊張の正体とは

緊張するとあなたはどうなりますか?

あなたの体はどんな反応をしますか?

面接で話を始めると、手は汗で濡れ、額から汗が吹き出て、口の中はカラカラ、心臓はバクバクと高鳴り、緊張のあまり何度も声が震えてしまう。

あなたのこころのなかではどんなことが起きていますか?

「もうダメだ」「きっと失敗する」など、ネガティブな思考になり、更に緊張してしまう。頭の中が真っ白なり、これまでの練習やせっかくの自己アピールのチャンスが台無しになる。

このような苦い経験はありませんか。

どうして、あなたは面接で必要以上に緊張してしまうでしょうか?

緊張をネガテイブなものと考え、不安になる必要は全くありません。

緊張感の正体とは、自分を「よりよく見せたい」という「意欲の裏返し」なのです。

「緊張をそのまま無条件に受け容れましょう。」そう意識すると緊張感が緩和されます。

面接はある独特な緊張感のもとで行われます。

面接の経験がほとんどない、とにかく自分に自信がない、面接で何を質問されるのだろう

と不安をお持ちになる「それでも面接で緊張する人」には以下の秘策があります。

自分が緊張していることや、不安や迷いなど気持ちを素直にオープンにするように心掛け

面接担当者に素直に伝えると相手はきっと好感を持ってくれます。

日頃から日常生活のなかで自己開示する機会をもつようにしましょう。

また、自分の経験や能力など、聞かれることが決まっている質問内容に関しては、事前に整備し、回答の準備しておき、簡潔に答える習慣をつけましょう

スポンサーリンク
google_adsense


google_adsense


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google_adsense