失敗する主な原因

志望動機が明確でない

なぜその仕事を志望するのか、そのためにどのような行動を行っているのか、どのようなことができるのかを明確に訴える必要があります。

「したいこと」と「他の会社との違い」を明確に説明しているか。「自分は○○をしたいです。その為には御社を志望します。何故ならば、他社では××ですが、御社では△△であるためです。」

企業研究が不足している

最低限でも、志望する会社が注力している事業、会社の収益構造などは事前に会社案内などのホームページなどで確認しておきましょう。

転職理由がまとまっていない

参照記事)あなたが面接で説明しようとする「転職理由」が以前勤めていた会社の不満などのネガティブな要素を含む「退職理由」となっていませんか?

不必要なことまで話してしまう

参照記事)面接の受け答えで失敗しないために、「ある簡単なルール」があるのをご存知でしょうか?

想定外の質問が出て回答できない

あなたのパーソナリティを見たいと思っている可能性が高い質問です。あなたの感じたままを自分の言葉で答えればよいのです。参照記事) 自分の言葉で語る
また、自分がわからないことや知らないことについては、率直で誠実な回答をすればいいと思います。

緊張しすぎる

参照記事)あなたの体はどんな反応をしますか?

スポンサーリンク
google_adsense


google_adsense


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google_adsense