面接 受け答え3つのルールとは


面接の受け答えで失敗しないために、「ある簡単なルール」があるのをご存知でしょうか?
それは以下の3つの簡単なルールです。

聞かれたことだけに答える

結論から答える

簡潔に答える

面接時の採用担当者との会話は「ビジネス・コミュニケーション」が基本となっています。

「ビジネス・コミュニケーション」とは「質問」に対して最初に「結論」を答えることで会話が成立します。

それは以下のプロセスのようになります。

まず、質問者(面接担当者)が尋ねます。

質問者は何を期待していますか?

質問者が期待しているのはあなたの「明確な答え」すなわち「結論」なのです。

言い換えると「結論」とはあなたの考えの要約です。

つまり、長々と話さないことがポイントです。

話が矛盾するようですが、最近の面接では雑談力も問われているため、日常のささやかな話題で話を続けられる能力も要求されます。

面接で簡潔に答えるPERP法とは

面接担当者との会話のキャッチボールをスムーズに行うために、「簡潔に答える」ための「PREP(プレップ)法」という会話術を解説します。

会話の構成要素は「PREP」の4つのイニシャル表現
P:結論(POINT)
R:理由(REASON)
E:具体例(REASON)
P:結論(POINT)
という構成になっています。この順番に沿って話しを伝えることが大切です。

つまり、結論(POINT)→ 理由(REASON)→ 具体例(REASON)→ 再度結論(POINT)の順番で話を展開することで、面接者の質問に対して簡潔に答えることが出来ます。

スポンサーリンク
google_adsense


google_adsense


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google_adsense