退職理由と転職理由

あたは「退職理由」と「転職理由」を明確に区別していますか。

あなたが面接で説明しようとする「転職理由」が以前勤めていた会社の不満などのネガティブな要素を含む「退職理由」となっていませんか?

あなたの退職理由について振り返ります。あなたが辞める意思まで至った事実関係をあげてみてください。

具体的な例として

・キャリアップしたい

・会社の将来に不安を感じた

・仕事に変化がなく、面白くない

・給与や待遇に満足できなかった

・労働時間や環境に不満があった

・結婚のため

・妊娠・出産のため

・配偶者が転勤するため

など、人により理由はさまざまです。

次に「なぜ、その事実があなたに退職を決めさせたのか」を深く考えてみてください。

そして、それらの不満が解消されたらどうなるか未来志向で語るのが、あなたの本来の「転職理由」となります。

採用担当者が面接の場であなたに確認したいのは、その前向きな「転職理由」にほかなりません。

あなたの「転職理由」が志望する会社の雰囲気になじむか採用担当者の判断材料となります。

なぜ転職してまで働きたいのか転職理由(働こうという意思)と「退職理由」は明確に区別する必要があるのです。

これはあなたが職探しする中で応募する会社を探し、応募書類を書く時にも「転職理由」を意識するとあなたの作成資料も筋の通った内容となります。

スポンサーリンク
google_adsense


google_adsense


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google_adsense