面接担当者は不安を抱えている

あなたは面接に対して非常にストレスを感じていると思いますが、採用する側はそれ以上に心理的な負担となっているのをご存知でしたか?

実は、面接する求人企業側と応募者では7対3の割合で、面接する側に心理的な負担があると言われています。

人によっては「2倍の心理的負担だ」と言い切る人もいる位です。

それは「人を雇うということは企業にとって大きな投資」であるからです。

面接担当者の心の葛藤

そのため、面接担当者は常に心の中で

なぜ、わが社を志望したのだろうか?

この人は長続きするのだろうか?

本当に戦力となってくれるのだろうか?

本当に自分の眼を信じてよいのだろうか?

葛藤を繰り返しています。面接担当者はいつもこのような「不安」を抱えているのです。

そこであなたの「誠実さ」「やる気」で面接担当者のこのような「不安」をぜひ払拭して下さい。

「大丈夫です。私にお任せ下さい。」と胸を張って言っていただける応募者が本当はありがたいのです。(あくまで願望ですが・・・。)

ただ、採用では事前に想定された採用基準枠というものを設定しています。

枠外の人は落とす方針ですので、突拍子もなく振舞っても即採用に結びつくとは限りませんので、ご注意をお願いします。

スポンサーリンク
google_adsense


google_adsense


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google_adsense