面接の目的とは

縁と相性を知る対話の場です

そもそも「面接」の目的とは何でしょうか。私は時々このような質問をお受けします。それに対して、私はこうお答えしています。「求人企業と応募者がお互いに縁と相性を知る対話の場」であると。

求人企業は一緒に働きたいと思える人を求め、応募者は働くのにふさわしい職場を求めています。

勘違いしがちですが、決して「企業があなたを採用する場」ではなく、お互いが50対50の対等な権利を持って臨む「縁と相性を知る対話の場」ということなのです。

一緒に働きたいと思える人

求人企業はあなたの第一印象(雰囲気)や志望動機、対話能力、適応能力、潜在的な能力、信頼できる雰囲気などを見極めたいのです。

一言でいうと「一緒に働きたいと思える人」を採用したいのです。

働くのにふさわしい職場

それに対して、あなたは職場の雰囲気、仕事の内容、就業条件、給与・賞与、社会保険、将来性などで相手の求人企業を判断します。

つまり、働くのにふさわしい職場」であるかです。

相互に共感しあえる関係を創りあげることを目標に

縁あっての「一期一会」の機会です。この時間を有意義に過ごしましょう。

このような気持ちを持つと、不思議と面接の独特な緊張感から解き放たれ、縁と相性を知る対話の場へと変わります。常に気持ちを素直にオープンにするように心掛けましょう。

そして、相互に共感しあえる関係を創りあげるように心掛けましょう。きっと、求人企業はそんなあなたに好印象を持ってくれると思います。

スポンサーリンク
google_adsense


google_adsense


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google_adsense