試用期間の過ごし方

あなたが無事に正社員採用の面接に合格すると、次のステップは試用期間をどう過ごしたら良いかとなります。試用期間は1ヶ月から会社によっては6ヶ月と長期になります。

あなたはどのように試用期間を過ごしますか?猛烈に仕事をして、成果をアピールしますか?
会社側の視点では、「能力が高い人」よりも「能力がそこそこでも、周りとうまく協調できる人」を評価ポイントにしています。

能力というよりも、人間性がチェックされていることが多いと想像することもできます。

ノートを一冊用意し、なんでも書きとってください。
・余計なことは考えず、とにかく仕事に打込むこと
・会社のルールを把握し、守ること
・決して自我を出さないこと
・元々そこにいる社員に反抗したりなどしないこと

転職者の場合は試用期間中に人間性、特に会社に打ち解けられるかどうかを見られていることも多いので、場の雰囲気を壊すような、あるいは和を乱すような行為は絶対に厳禁と心得ておかなければなりません。

会社が求めているのは、 「能力の高い人」よりも「能力はそこそこでも、周りとうまくやれる人」です。

遅刻しない・あいさつする・雑用を進んでするです。

転職したら、入った会社の社風に合わせることが第一、郷に入らば郷に従えというように、新しい会社の同僚たちを手本にして、周囲と異なった行動をしないほうがよいでしょう。

上司に気に入られるようにすること、上司が部下である自分に何を求めているのか知ることから始めます。

新しく入った会社で、会社の社風、上司の考え方をつかんで、それに合わせた行動をすることが求められるのです。

試用期間の過ごし方も注意すべきです

一般のルーチンで入った場合、それに気づいても、改善提案を出すことは控えたほうがよいでしょう。

会社が自分に何を期待しているのか理解しなければはじまりません。

会社や上司が自分に何を期待しているか知るためには?

上司とのコミュニケーションで、あなたは、上司が自分に何を期待しているのか知ることができるでしょう。

上司の考え方や、社風を知る良い方法

同僚と一緒に昼食をとると、会社内のうわさや、会社の社風や規則、上司の考え方なども教えてもらうことができます。

一緒に食事をとる同僚は、同じ課の先輩社員、または、別の課でも年の近い社員などのほうが、話題が合って良いでしょう。

また、飲み会の場があれば、一緒に食事をすれば、あなたは同僚と長い時間接することになります。宴会時のマナーも含め、どのような態度で他人に接し、どんな考え方を持っているのか、客観的にチェックされています。

昼食も同僚と食べるのが苦痛であれば、試用期間中はガマンするとして、試用期間が更新されたら、一人で食べてもよいでしょう。

スポンサーリンク
google_adsense


google_adsense


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google_adsense