面接担当者が知りたいこと

あなたの自己イメージ(自己概念)

とは一言でいうと「自分で自分をどう思うか」ということになります。

今まで自分が生きていた時代生まれ育った環境などが相互に作用してあなたの経験が作られています。

あなたの経験と関連付けられたあなたの「興味」「能力」「価値観」が面接担当者の知りたいことなのです。

あなたの意欲とやる気

あなたが若年者で職務経験が浅い場合は、「実績」よりも「意欲」「やる気」がとても重要なポイントとなります。

すぐに辞めない、長く働くという「覚悟」が最大のアピールポイントとなります。

そして、あなたが「何をしたいか」ではなく、「何ができるか」が面接担当者は採用の決め手にしています。これも大切なポイントです。

日常生活で「よい習慣」を心がけているなら、それはアピール材料となりますので、積極的にアピールしましょう。これは「習慣の再現性」という採用評価に相当します。

あなたが説明した事実出来事に関して、面接担当者は「なぜ、そう感じるか」「なぜ、そう思うのか」という質問が頻発します。

これは、あなたに主観を語らせながら、自分自身に対する自己認知力が出来ているか確認するためです。

また、今まで自分が関わった仕事に関して、「どこまで主体的に意識的に関わってきたのか」にも面接担当者は関心があります。これは「仕事への取組み姿勢」という採用評価に相当します。

スポンサーリンク
google_adsense


google_adsense


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google_adsense