自分の言葉で語る

自分の言葉で語る

面接の当日は、面接担当者からさまざまな質問を受けます。ポイントの一つは、その質問内容に対して

「自分の経験に基づく言葉で的確かつ簡潔に語ること」が大切なのです。

この「自分の経験に基づく言葉」とは「自分の経験はもちろんのこと、読んだ本や新聞などあらゆる知恵と知識」を組み合わせた自分の個性を表現する言葉です。

あなた自身の体験や人から聞いたエピソードを踏まえ、それを「的確にかつ簡潔に」語るように意識して下さい。

面接でこれを実践できる人ならば、転職による新しい環境、職場でのコミュニケーションが問題なく上手にやっていけると判断されます。

採用者の「意図」を知る

それと、採用者はなぜ、その質問を問いかけるのかあなたの立場を変えて考えてみて下さい。

基本的に面接は人事業務として行っているので、例えば問題のある応募者の一次面接をパスさせても

二次面接の後に、「どうしてあの応募者の一次面接を通過させたのか?」と上司からお咎めを受けることがあります。

その事態を避けるために質問内容をあれこれと変え、確実に応募者をスクリーニングして、会社に確実に受け入れられる人材を見極めようとします。

そのため、採用側の立場になって考えてみると質問の意図が見えてくることがあります。

以上、「自分の言葉で語る」と「採用者の意図を知る」を意識することが面接で成功する秘訣となるのです。

スポンサーリンク
google_adsense


google_adsense


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
google_adsense